保湿乳液は、セラミドの成分に着目して購入しましょう

スキンケアの基礎化粧品として油分を補うものとして定着しているのは、乳液です。化粧水の後に、肌の水分を逃がさないようにするという役割があります。しかし、乳液というのは、いろいろな種類があり、特性や性質によって、目的や効果を使い分ける必要があります。この種類が変わることにより、使う順番も変わってくるので注意が必要です。

乳液というと、「セラミド」という言葉を聞くことが多いと思いますが、このセラミドというのは、何なのか知っていますか?簡単に説明すると、「細胞を繋ぎとめるもの」と考えてください。肌は、細胞の集合体で出ています。この細胞が繋がって、キメの細かい肌の表面を作り、肌の中の水分を外に出ないようにしているのです。わかりやすく言えば、パズルです。隣り合わせのピースが繋がって隙間の無い、一枚の絵が出来るわけですが、肌の表面では、それと同じようなことが行われています。

このような働きを助けるものが、セラミドという成分で、年を増すごとに低下していくため、それを補う必要があります。このセラミドのピークはいつだと思いますか?これが、子供時代なんです。子供の肌というのは、いつもぷるんとしていますよね?それは、セラミドが豊富にあるため、肌細胞がキメ細かく、肌内の水分を多く保っているという証拠なんです。このセラミドは、化粧品からしか補うだけでなく、食品からセラミドを補うサポートをする必要があり、これをすることによって、化粧品の効果を高めるということが言えます。

セラミドつくりに必要な栄養素というのは、亜鉛、ビタミンB2、B6、B12葉酸、ナイアシン、α−リノレン酸などの成分です。最近、注目されている栄養素が多いですね。また、セラミドを守るとして、せっかく補っているものを、減らしてしまうようなことをしては、全く意味がないですよね。よくやってしまいがちなものは、熱いお湯を使って洗顔をしてしまうことです。これは、冬場に多いことなので注意しましょう。洗顔の基本は、ぬるま湯ですよ。

吹田市の歯科だったらよしなか歯科クリニックでしょ!

名古屋市鶴舞【ハヤシ歯科診療所】

シマックス ツイッター

高級賃貸 大阪